【2024年】1GBでおすすめの格安SIMを比較

1GBでおすすめの格安SIM

記事をお読みいただく前に:当記事のコンテンツ作成について

当記事は、MVNO支援やNTTドコモ・ソフトバンクのMVNO事業者としてSIM提供を行うソフィアデジタル株式会社が提供しています。培ってきた経験を活かし、格安SIMを中心に快適なモバイルライフを実現できる情報を発信していきます。

【SIM事業に関する提供サービス】
MVNO支援サービス/SIMソリューション/法人向けiPhone販売

※記事内に広告が含まれる場合があります

「格安SIMの1GBプランに契約したいけど、どこがおすすめなの・・?」

ただでさえ安い格安SIMで、さらに最安契約できる1GBプラン。毎月のスマホ代は圧倒的な安さとなります。

データ容量が少ないので動画視聴やアプリのダウンロードには不向きですが、裏を返せばLINEやメールだけの用途なら十分。あるいは、Wi-Fiを併用できる方にもぴったりです。

この記事では月1GB使える、おすすめの格安SIMを徹底比較しています。ぜひ、参考にして下さいね。

\月額990円でデータ使い放題/
目次

格安SIMの1GBプランはどうやって選べばいい?

端末を購入したいなら大特価セールを狙う

格安SIMに申し込む際は、SIMのみ契約か端末セット契約に分かれます。新しい端末が欲しい人は、端末セット契約を選びましょう。

気になる端末価格ですが、各社でバラバラです。1GB料金が安いのに、端末価格が高すぎる・・なんてことも。

端末購入するなら、セールを狙うのが断然お得です。2024年7月現在、1GBプランを提供する格安SIMの中ではmineoの端末が狙い目です。

価格だけでなく品揃えも抜群。他社は定価販売がほとんどなので、端末によっては数万円もお得度が変わります。

なるべく通信品質がいい格安SIMを選ぶ

1GBしか使わないなら、あまり速度は関係ない・・と思われるかもしれませんが、いざという時あまりに速度が遅いのは困ります。

必須とまでは言いませんが、できるだけ速度の速い格安SIMを選ぶといいでしょう。以下、実効速度を元に1GBプランの提供がある格安SIMの速度を評価してみました。

格安SIM月額料金
mineo
速い
J:COMモバイル
速い
イオンモバイル
速い
OCNモバイルONE
普通
HISモバイル
普通
LIBMO
普通
QTモバイル
普通
日本通信SIM
遅い
BIGLOBEモバイル
遅い
b-mobile
遅い
ロケットモバイル
遅い
Links Mate
遅い

※データ参照元「みんそく」

上記の評価は、最高速度だけでなく通信の安定性(回線混雑時に著しく速度低下するか)も考慮しています。

全体評価としては、OCNモバイルONE・J:COMモバイル・イオンモバイルが良好です。

1GBで契約するなら、頻繁にデータ通信を行うわけではないため普通評価のmineoやHISモバイルでも問題ないでしょう。

使い放題など独自サービスも重視する

格安SIMは、サービス会社によって特徴が異なります。1GB料金の安さだけで選ぶのは勿体ないです。

例えば、mineoは385円をプラスすれば1.5Mbpsの中速使い放題に。1GBプランながら、動画やSNSを好きなだけ楽しめます。

単純に安さだけで選ばず、各社のサービス内容をじっくりと検討して自分にあった格安SIMを見つけてみましょう。

1GBでおすすめの格安SIMランキング

格安SIMで1GBを契約するなら、以下の格安SIMがおすすめです。

おすすめランキング

  • 1位:mineo
  • 2位:J:COMモバイル
  • 3位:イオンモバイル
  • 4位:HISモバイル
  • 5位:日本通信SIM
  • 6位:BIGLOBEモバイル

それぞれ詳しい特徴を見ていきましょう。

補足:ランキングの基準

当記事のランキングは以下の根拠に基づいて作成しています。

料金の安さ

各社の料金プランを比較し、同じデータ量や通話時間で月額料金が安い順にランク付け。キャンペーン価格だけでなく、通常料金でも比較。

通信速度の速さ

格安SIMでも速度の差は大きいので、実際のユーザーの速度測定データや第三者機関の調査結果を参考に速度比較。

通信品質・エリア

ドコモ系、au系、ソフトバンク系などの回線を利用しているかで、つながりやすさが変わります。地下や建物内の電波の入りやすさなども、利用者の口コミを参考に比較。

サポート体制

問い合わせ対応の良さや、店舗数の多さなどユーザーレビューを参考にしたり、実際に問い合わせて調査。

付帯サービス

キャッシュバックや割引特典の魅力度、無料の通話アプリやデータ繰り越しなどのサービスの充実度。

シェア・人気度

契約数や人気ランキングのデータ

端末セットの魅力度

機種の豊富さや割引額の大きさを比較

1.5Mbpsの使い放題を付けられる「mineo(マイネオ)」

mineo

1GBの料金

  • 音声通話プラン:1,298円
  • データ通信専用プラン:880円

料金プラン

データ容量月額料金
音声通話プランデータ通信専用プラン
1GB1,298円880円
5GB1,518円1,265円
10GB1,958円1,705円
20GB2,178円1,925円
1.5Mbps使い放題
(マイそく スタンダード)
990円
3.0Mbps使い放題
(マイそく プレミアム)
2,200円

基本情報

回線ドコモ
au
ソフトバンク
キャンペーン・特典10GB以上パケット放題Plus無料
初月料金 日割り
支払い方法クレジットカード
契約事務手数料3,300円
解約金0円
5G通信対応
eSIM対応
通話サービスmineoでんわ:無料
10分かけ放題:935円/月
通話定額30:924円/月
通話定額60:1,848円/月
iPhone販売あり

1GB料金は特別安いわけではありませんが、、5GB・10GBがかなり安いです。そのため、データ容量を後から増やす可能性がある方におすすめ。

小さなお子さんの成長に合わせてデータ容量を増やしていく、といった使い方もありですよ。

その他、mineoユーザー限定特典として自由にデータ容量を引き出し・預け入れできるフリータンクが使えます。今月のデータ残量がピンチなときは、大いに役立ちます。

フリータンク以外にも、ユーザー同士でデータ容量を受け渡しできるパケットギフトや家族でデータ容量を分け合えるパケットシェアなど独自のサービスを利用できます。

おすすめの理由①:ドコモ・au・ソフトバンク回線対応でSIMロック解除は不要

mineoは、ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリアに対応しています。そのため、ドコモ端末ならドコモ回線を選択、au端末ならau回線を選択といった契約が可能です。

3キャリア対応
3キャリア対応で乗り換えやすい

SIMロック解除なしで乗り換え

  • ドコモ端末の人 → ドコモ回線を選ぶ
  • au端末の人 → au回線を選ぶ
  • ソフトバンク端末の人 → ソフトバンク回線を選ぶ

端末と回線を同キャリアに合わせることで、SIMロック解除なしで乗り換えられます。もちろんiPhoneでも利用OK。

手持ちの端末そのままで、mineoのSIMカードに挿し変えるだけで乗り換えは終わります。

mineoのsim
手持ちの端末がmineoで使える

同じ端末のままなのでデータ移行の必要はありません。契約途中で新しい機種に変えたくなったら、mineo内で機種変更が可能です。

中古のSIMロック解除手続きができない機種でもmineoなら使える

おすすめの理由②:パケット放題Plusで中速使い放題に

mineoでは、1.5Mbpsの中速度でデータ使い放題となるパケット放題Plusを提供しています。

パケット放題Plus
パケット放題Plus

1GBプランにパケット放題Plusを付けた場合は、デュアルタイプ(音声通話SIM)なら月額1,683円、シングルタイプ(データ通信専用SIM)なら月額1,150円です。

この金額で、WEBサイト閲覧やSNSはもちろん動画やZOOMなどのビデオ会議でも好きなだけ使用できます。

高速通信とまでは言えませんが、ほとんどの用途に対応する中速となっており使い勝手は抜群。

注意点として3日で10GB以上使うと一時的に速度制限(200kbps)にかかりますが、日常的な使い方なら実質無制限とも言えるサービスです。

パケット放題Plusの使い心地
Youtubeは普通画質でも問題なく再生できる

おすすめの理由③:ユーザー同士で自由にデータ容量を引き出せる

mineoでは、mineoユーザー同士で自由にデータ容量を引き出せるフリータンクを提供しています。他社にはないmineo独自のサービスです。

フリータンク
フリータンク

こちら助け合いの精神が元となっている仕組みで、

  • データ容量が余ったらフリータンクに預け入れる
  • データ残量が無くなりそうになったらフリータンクからデータを引き出す

といったことができます。預け入れより引き出しが多いユーザーは、月1GBまでの利用制限が付くためフリータンク全体が枯渇する心配はありません。

使いどころとして、今月あとちょっとで速度制限にかかる・・といった場面でフリータンクを活用して制限を回避できます。

\月額990円でデータ使い放題/

J:COMユーザーなら無料でデータ増量「J:COMモバイル」

J:COMモバイル

1GBの料金

  • 音声通話プラン:1,078円

料金プラン

データ容量月額料金
1GB1,078円
5GB1,628円
10GB2,178円
20GB2,728円
※データ通信専用プランの提供なし

基本情報

回線au
主なキャンペーン・特典J:COM加入者はデータ増
初月料金 日割り
支払い方法クレジットカード
契約事務手数料3,300円
解約金0円
5G通信対応
eSIM非対応
通話サービス5分かけ放題:550円/月
60分かけ放題:1,650円/月
iPhone販売あり

意外な穴場としておすすめしたいのがJ:COMモバイル。他社にはない訪問サポートを無料で利用できます。

初めての格安SIM乗り換えで心配な方は安心感があります。初期設定やデータ移行なども専門スタッフが手伝ってくれますよ。

スマホ自体が初めてのシニアの方でも心強いです。

その他、無料特典としてWi-Fiサービス(ギガぞう)が使えるのも魅力的。Wi-Fiを組み合わせれば、1GB料金でも大容量のデータ消費が可能です。

おすすめの理由:J:COMユーザーはデータ増量&動画見放題

すでにJ:COMのテレビやネットを使っている人は、「データ盛」サービスが利用できます。

このサービスでは、J:COMモバイルとJ:COMのサービス(電力、テレビ、ネット、固定電話)をセットで利用すると、月額料金そのままでJ:COMモバイルのデータ容量が増量します。

データ盛の概要

データ盛
通常時データ盛適用時
1GB5GB
5GB10GB
10GB20GB
20GB30GB

一時的ではなく、ずっとデータ増量

例えば1GBのプランを利用している場合、ギガ盛が適用されると月額料金そのままで5GBのデータ容量を使えます。月額1,078円で5GBはかなり安価ですよ。

他社の基準だと月1000円では2~3GBしか使えないため、いかにJ:COMモバイルがお得か分かりますね。

データ盛の1GB価格
1,078円で5GBも使える

また、J:COMモバイルユーザーはJ:COMのテレビ・動画をスマホで見られる「J:COMオンデマンドアプリ」をデータ通信量消費なしで利用できます。

通信量を気にせず、外出先でテレビや動画を視聴できるわけですね。

110円プラスで2GBを選ぶのもあり「イオンモバイル」

イオンモバイル

1GBの料金

  • 音声通話プラン:858円
  • データ通信専用プラン:528円

料金プラン

データ容量月額料金 
音声通話プランデータ通信専用プラン
500MB803円
1GB858円528円
2GB968円748円
3GB1,078円858円
4GB1,188円968円
5GB1,298円1,078円
6GB1,4081,188円
7GB1,518円1,298円
8GB1,628円1,408円
9GB1,738円1,518円
10GB1,848円1,628円
20GB1,958円1,738円
30GB3,058円2,838円
40GB4,158円3,938円
50GB5,258円5,038円

基本情報

回線ドコモ
au
主なキャンペーン・特典
初月料金 日割り
支払い方法クレジットカード
契約事務手数料3,300円
解約金0円
5G通信対応
eSIM非対応
通話サービスイオンでんわ:無料
5分かけ放題:550円/月
10分かけ放題:935円/月
フルかけ放題:1,650円
iPhone販売あり

イオンモバイルは流通大手のイオンが手掛けている格安SIMです。全国200店舗以上のイオンで、対面による手厚いサポートを受けられるのが特徴です。

1GBプランは、月額1078円で契約可。これといった特徴はないものの、通信速度はまずまず良好で1GB以外のプランもかなり安いです。

回線はドコモとauを使用。もちろん、手持ちのiPhoneでも乗り換えOKです。

その他、1GBでは加入できませんが、一つの契約で複数のSIMカードを利用できるシェア音声プランの提供あり。他の格安SIMと比較して、1GB刻みでプランを選べるのもメリットです。

おすすめの理由:10GBまで1GB刻みで調整できる

イオンモバイルは1GBから(音声通話SIMは0.5GBから)10GBまで、1GB刻みでプランを選べます。

1GBに申し込む予定だったけど、足りないかもしれない・・と心配な人は2GBプランがおすすめ。イオンモバイルの1GBと2GBは、料金があまり変わりません。

音声通話プランデータ通信専用プラン
1GB料金858円528円
2GB料金968円748円

音声通話プランなら、1GBと2GBの差は110円。この金額で、1GBじゃ足りないかもとの心配を緩和できるのなら十分に安いでしょう。

なお、イオンモバイルでは余ったデータ容量を翌月に繰り越せるため、使いきれない月があっても無駄がありません。

データを使わない月は自動調整で290円「HISモバイル」

HISモバイル

1GBの料金

  • 音声通話プラン:550円
  • データ通信専用プラン:440円

料金プラン

データ容量月額料金
自由自在290プラン
(音声通話プラン)
データ定額440プラン
(データ通信専用プラン)
1GB550円440円
3GB770円580円
7GB990円880円
20GB2,190円2,080円
50GB5,990円5,880円
※上記の他、従量制のデータ通信専用プラン「ビタッ!プラン」の提供あり

基本情報

回線ドコモ
ソフトバンク
主なキャンペーン・特典
初月料金 日割り
支払い方法クレジットカード
契約事務手数料3,300円
解約金0円
5G通信非対応
eSIM非対応
通話サービス5分かけ放題:500円/月
完全かけ放題:1,480円/月
iPhone販売あり
※中古

HISモバイルで1GBを使う場合、ビタッ!プラン・データ定額440プラン・自由自在290プランから選べます。

データ定額440プランは、データ通信専用プランで1GBあたり440円。自由自在290プランは音声通話プランで、1GBあたり550円です。

自由自在290プランの場合、100MB未満に収まった月は290円に。データをまったく使わない月があっても、必要な維持費はわずか290円で済みます。

おすすめの理由:通話しか使わない人のデータ通信費が最低料金

まったくデータ消費しない人にとって魅力的なのが、HISモバイルの自由自在290プラン。データ消費が100MB未満の月は、自動的に月額290円に調整されます。

通話重視またはWi-Fiでしか通信しない人にとっては、最低料金で維持することが可能です。

月額500円の5分かけ放題を付けた場合、1GB料金は1,050円に。100MB未満に収まると790円です。

HISモバイルは時間無制限の完全かけ放題も利用可能で、その場合はオプション料金1,480円追加となります。1GB料金なら550円+1,480円で月額料金は2,030円です。

どうしても最安値を狙いたいなら「日本通信SIM」

日本通信SIM

1GBの料金

  • 音声通話プラン:290円

料金プラン

データ容量月額料金
1GB
(合理的シンプル290プラン)
290円
6GB
(合理的みんなのプラン)
1,390円
20GB
(合理的20GBプラン)
2,178円
3GB
(合理的かけほプラン)
2,728円
※合理的みんなのプランと合理的20GBプランは70分の無料通話、合理的かけほプランはかけ放題付き

基本情報

回線ドコモ
主なキャンペーン・特典
初月料金 日割り
支払い方法クレジットカード
契約事務手数料3,300円
解約金0円
5G通信非対応
eSIM対応
通話サービス70分無料通話:700円
かけ放題:1,600円/月※
iPhone販売なし
※合理的20GBプランは1,200円

合理的20GBプランが人気の日本通信SIM。大容量だけでなく小容量も取り扱っており、1GBなら月額290円の合理的シンプル290プランを利用できます。

このプランは特に付加サービスがなく通信速度も速くありませんが、とりあえず1GB以下の格安SIMを低料金で維持したい人におすすめです。

おすすめの理由:かけ放題も付けられる合理的シンプル290プラン

合理的シンプル290プランは、1GB料金が290円。1GBで足りないときは1GB当たり220円で追加チャージできます。

通話料は30秒あたり11円となっており、大手キャリアの半額で発信可。面倒な専用アプリを経由する必要もありません。

また、通話重視の人は月額700円で70分の通話定額、月額1,600円でかけ放題に加入できます。

正直なところ、最近の通信品質はあまり良くない日本通信SIMですが、シビアに料金だけで判断する人なら検討する価値があるでしょう。

動画見放題のオプションを付けられる「BIGLOBEモバイル」

BIGLOBEモバイル

1GBの料金

  • 音声通話プラン:1,078円

料金プラン

データ容量月額料金
音声通話プランデータ通信専用プラン
1GB1,078円
3GB1,320円990円
6GB1,870円1,595円
12GB3,740円2,970円
20GB5,720円4,950円
30GB8,195円7,425円

基本情報

回線ドコモ
au
主なキャンペーン・特典オプション無料お試し
初月料金 日割り
支払い方法クレジットカード
契約事務手数料3,300円
解約金0円
5G通信対応
eSIM非対応
通話サービス5分かけ放題:500円/月
完全かけ放題:1,480円/月
iPhone販売あり

月1,000円足らずで1GBプランを契約できるBIGLOBEモバイル。月額275のWi-Fiオプションを併用すれば使えるデータ容量の幅は一気に広がります。

BIGLOBEモバイルと言えば、月額308円でYoutube含む動画がデータ消費なしで見放題となるエンタメフリーオプションが有名です。ただし、3GB以上のプランでないと加入できません。

スマホで好きなだけYoutubeを見るなんて憧れる・・といった方は、1GBから242円だけプラスして3GBプランに入りましょう。

おすすめの理由:エンタメフリーオプションでYoutubeがお得に見放題

BIGLOBEモバイルでは、動画・ラジオ・音楽・電子書籍の対象アプリがデータ消費なしで使い放題となるエンタメフリーオプションを提供しています。

オプション料金として308円(音声通話SIMの場合)かかりますが、元を取れるサービス内容です。

エンタメフリーオプションの利用イメージ
利用イメージ

対象アプリは、Youtubeをはじめ人気サービスが多数揃っています。

対象サービス

動画

YouTube・ABEMA・U-NEXT・YouTube Kids

音楽・ラジオ

YouTube Music・Apple Music・Spotify・AWA・Amazon Music・LINE MUSIC・radiko・らじる★らじる・dヒッツ・楽天ミュージック・TOWER RECORDS MUSIC

電子書籍

dマガジン・dブック・楽天マガジン・楽天Kobo

その他

Facebook Messenger・au PAY マーケット

上記の中で一つでも「毎月利用しまくっている」サービスがあれば、エンタメフリーオプションを利用する価値は十分あります。

例えば、Youtubeを毎日3時間見て、音楽アプリを毎日2時間聴いているなら毎月のデータ消費量は26GBに。

この大容量が、わずか308円のオプション料金でデータ消費をノーカウントにできるのです。

エンタメフリーオプションの説明
Youtubeの通信量がノーカウント

現在、エンタメフリーオプションは6カ月無料のキャンペーン中です。半年も余裕があるので、本当に使えるオプションなのかじっくりと試せます。

【番外】1GBプランは無いが端末セールが見逃せない「楽天モバイル」

楽天モバイル

1GBプランの無い楽天モバイルですが、7月はキャンペーンがとってもお得です。弱点とされていた繋がりにくさも改善されており人口カバー率97%を突破。

月額料金は、3,278円でデータ無制限です(テザリングも使い放題)。20GB以下なら2,178円、3GB以下なら1,078円に自動調整されます。

また、通話料は国内ならどこにかけても完全0円。最新iPhoneを安く購入可能で、Androidなら激安機種もあります。

すべての格安SIM・携帯キャリアを含め、2024年7月時点では楽天モバイルが非常に高コスパです。

楽天モバイル公式サイトへ 

最安はどこ?格安SIMの1GB料金を徹底比較

音声通話SIM

音声通話プランは、通話機能の付いた格安SIMを利用できます。通常の携帯電話としての用途なら、こちらを選びましょう。

以下、1GB料金の比較です。LINEMO・UQモバイル・ワイモバイル・ahamo・楽天モバイルなど1GBプランの提供がない格安SIMは除外しています。

格安SIM月額料金
mineo1,298円
OCNモバイルONE
※受付終了
770円
J:COMモバイル1,078円
イオンモバイル858円
HISモバイル550円
日本通信SIM290円
BIGLOBEモバイル1,078円
b-mobile1,089円
QTモバイル1,650円
ロケットモバイル1,375円
LIBMO1,078円
Links Mate737円

比較結果は、最安値が日本通信SIM(月額290円)で次点がHISモバイル(月額550円)となっています。

データ通信専用SIM

データ通信専用プランは、通話機能なしの格安SIMとなります。LINEなどアプリを経由した通話なら可能です。

データ通信専用プランは提供自体が無い格安SIMも多いため、音声通話プランと比べて選択肢は少なくなります。以下、1GB料金の比較です。

格安SIM月額料金
mineo880円
イオンモバイル528円
b-mobile528円
QTモバイル770円
ロケットモバイル649円
LIBMO748円
Links Mate385円

比較結果は、最安値がLinke Mate(月額385円)で次点が月額528円のイオンモバイルとb-mobileとなっています。

注意!最安値だけで選ぶと失敗する?

シンプルに最安値だけで選ぶのも一つの策ですが、後から後悔する可能性が高いです。事実、決して料金が安いわけではないmineoが人気なのもサービス内容が評価されているからです。

格安SIMにはそれぞれ特色があり、価格以外にも比較ポイントがあります。具体的には、独自サービス・キャンペーン(端末セール)・通信速度などを考慮すべきです。

\月額990円でデータ使い放題/

本当に足りる?格安SIMの1GBプランでできること

月1GBと聞くと使えるデータ容量が非常に少なく感じますが、具体的にはどれくらい利用できるのでしょうか。

以下、ざっくりとした目安ですが、1GBでできることをまとめてみました。

1GBでできること

用途1ヶ月あたり1日あたり
メール20万通6666通
LINE50万通16666通
LINE通話55時間30分1時間51分
LINE
ビデオ通話
3時間15分6分30秒
YouTube
低画質
5時間30分11分
YouTube
高画質
1時間30分3分
Yahoo
トップページ
4000回表示133回表示
Twitter2000回表示67回表示
Facebook2000回表示67回表示
Googleマップ1330回表示44回表示
音楽DL
250曲8曲
アプリDL25回0.8回

ご覧の通り、メールやLINE(ビデオ通話を除く)といった軽い用途がメインであれば1GBでも意外と使えます。テキスト中心のWEBサイト閲覧も大丈夫です。

LINEトークの使用も、画像・動画を頻繁に送らないなら問題ありません。LINE通話も、よほど長通話しなければストレスなく使用できます。

以下、1GBプランがおすすめな人をまとめました。

1GBプランがおすすめな人

  • 通話しか使用しない
  • LINE・SNS・メールの利用が中心
  • 最安でスマホを運用したい
  • Wi-Fi環境が整っている
  • 小さなお子さんにスマホデビューさせたい

まとめ

データ容量が少ない1GBですが、LINEやメールなど軽い用途であれば問題なく使えます。月額料金も安いので、ライトユーザーや自宅にWi-Fi環境がある人にはおすすめです。

同じ1GBプランでも料金や使い勝手は格安SIMによって大きく異なります。じっくりと比較して、自分に合った格安SIMを選びましょう。

もし迷うなら、データ使い放題サービスを提供しているmineoなどがおすすめですよ。

\1GBで一番おすすめ/
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次