auひかりの引っ越しで解約違約金を0円に!使える裏ワザ大公開

auひかりの引っ越しで解約違約金を0円に!使える裏ワザ大公開

転勤や就職などで引っ越しをする場合、光回線は一度解約する必要があります。

しかしauひかりでは、定期契約中に解約すると高額な違約金が発生してしまうんですよね。

そこで今回は、

  • auひかりの解約にかかる料金や
  • 解約しても解約違約金がかからない裏ワザ

について詳しく紹介していきます!

\キャッシュバック70,000円+月額料金割引 実施中/

auひかりの引っ越し時に発生する解約違約金

基本的にどの光回線サービスでも、更新月以外で解約を行うことで解約違約金が発生します。

もちろんauひかりも例外ではありません

ただauひかりでは

  • ホームプランとマンションプランで違約金に差がある
  • auひかりの違約金とプロバイダ違約金がある

といった点に注意が必要です。

auひかりは更新月以外で解約すると違約金が発生する

auひかりでは以下のような更新月を設けています。

2年契約の更新月

auひかり2年契約の更新月

3年契約の更新月

auひかり3年契約の更新月

auひかり契約の定義としては、

  • 2年契約なら契約から25~26カ月目
  • 3年契約なら契約から37~38カ月目

が更新月に該当します。

では、具体的にどの程度の違約金が発生するのでしょうか?

auひかりの違約金一覧

auひかりの違約金は、ホームプランとマンションプランで異なります。

各プラン ホームプラン マンションプラン
更新月 解約違約金 月額料金 解約違約金
標準プラン
(契約期間なし)
なし 0円 なし 0円
ギガ得プラン
(2年更新)
25カ月目〜 9,500円 該当なし
49カ月目
ずっとギガ得プラン
(3年更新)
37カ月目〜 15,000円
73カ月目
お得プランA 該当なし 24カ月まで 7,000円

更新月以外でauひかりを解約することで、

  • ホームプランでは最大15,000円
  • マンションプランでは7,000円

といった違約金が発生することが分かりますね。

auひかりのマンションプランは解約の規制が緩い

auひかりのホームプランで2年(3年)契約をすると、更新月に解約しない場合はどちらも契約が自動更新されます。

最初の更新月で解約できなかったときは、新たに2年もしくは3年後の更新月に合わせて解約しなければ違約金が発生する仕組みです。

ギガ得プランの内訳

対してauひかりのマンションプランでは、2年以内に解約することで違約金が発生しますが、2年以降の更新月はないんですよね。

そのためホームプランより解約についての規制は緩いと言えるでしょう。

ただし、更新月を1日でも過ぎてしまうと違約金が発生することに注意が必要です。

プロバイダの違約金

auひかりでは、プロバイダを経由した申込みができます。

しかし契約するプロバイダによっては、独自で定められている契約期間内に解約すると違約金が発生します。

以下にauひかりプロバイダの違約金をまとめました。

auひかりプロバイダ ホーム標準プラン マンションプラン
So-net 違約金なし
au one net 違約金なし
@nifty 違約金なし
AsahiNet 6カ月以内に解約すると違約金発生
DTI 6カ月以内に解約すると違約金発生
@T-COM 6カ月以内に解約すると違約金発生
BIGLOBE 違約金なし 24カ月以内の解約で違約金発生

引っ越しなどを機にauひかりを契約するときは、

  • どのプロバイダから違約金が発生するのか
  • どのくらいの期間で解約すると違約金が発生してしまうのか

など考慮してプロバイダを選択すると良いでしょう。

違約金の請求は、auひかりの料金の請求と一緒に請求されます。

auひかりプロバイダ解約時の注意点

注意する点として、※ au one net以外のプロバイダを契約しているなら、月の途中での解約は、解約した月分の月額料金を支払わなくてはなりません。

※ au one netでは、月の途中で解約した場合は日割り計算をした月額金額を支払います。

また「テレビサービス」も申し込んでいるのであれば、解約月の月額料金までを支払う必要があります。

注意!解約にかかる費用は違約金だけじゃない

解約する場合は、auひかりの違約金やプロバイダの違約金のみではありません。

そのほかに工事残債額や回線撤去料も支払わなくてはなりません。

工事費残債が一括請求される

auひかりを契約すると月々のプランに応じた金額のみでなく、初期工事費がかかり、その工事費用は分割で月の支払いに含まれます。

しかし、初期工事費用を払い終わらないうちに解約すると、工事費用の残った金額をすべて一括で支払う必要があります。

auひかりの初期工事費用

auひかりの初期工事費用は以下のとおりです。

各プラン 初期工事費用 分割内訳
ホームプラン 37,500円 625円 × 60カ月
マンションプラン 30,000円 1,250円 × 24カ月

auひかりでは更新月に満たない解約をする際、初期工事費の残債も一括で支払います。

例として、ホームプランのずっとギガ得プランを1年3カ月で解約した場合を想定し、

  • 解約違約金
  • 工事費残債の支払い

以上を合計した内容を一覧にまとめてみました。

項目 費用 内訳
解約違約金 15,000円 2年未満の解約
工事費残債 28,125円 37,500円 – 625円×15カ月
合計 43,125円 15,000円 + 28,125円

注意したいのは「工事費無料キャンペーン」とうたっていても、更新月に満たないうちに解約してしまうと工事費残債を一括支払いしなければならないことでしょう。

そしてauひかり独自の仕様なのですが、解約に伴い回線撤去が必要となります。

auひかりでは回線撤去費用がかかる

auひかりでは2018年3月1日以降、回線を撤去する場合に回線撤去費用がかかることになりました。

KDDIは、2018年3月1日より、光ファイバーを用いたインターネットサービス「auひかり ホーム」において、サービス解約時の光ファイバー引き込み設備の取り扱いを改定致します。

【引用】au –「auひかり ホーム」解約時の引き込み設備の取り扱い、および撤去費の改定について

改定前は撤去工事が希望に応じて任意で行われていたんですよね。

しかし改定以降は撤去費用31,680円(税込)が必須となってしまいました。

対象サービス 回線撤去費用
2018年3月1日以前 2018年3月1日以降
auひかり ホーム 11,000円 31,680円

※料金は全て税込表示となります

正直auひかりの契約で一番ネックとなる部分と言えます。

ただし、撤去工事費用が必須となるのは戸建て(ホームタイプ)の場合のみとなります。

auひかり解約時に撤去費用が該当するプランは以下のとおりです。

【回線撤去費用が発生するプラン】

  • 2018年3月1日以降に契約したauひかりのホームタイプ
  • auひかりホーム 5ギガ
  • auひかりホーム 10ギガ

マンションタイプなら撤去工事費は発生しない

マンションの回線は、マンションの住人が共同で回線を利用するので、たとえ解約しても回線を撤去する必要がありません。

そのため、マンションに住んでいる場合は回線撤去費用は掛かりません

auひかりをマンションで利用する場合、回線撤去費用がかからないのはメリットと言えますね。

auひかり解約時にかかるすべての費用

auひかりで違約金のないプロバイダと契約していることを前提に、

  • 解約違約金
  • 工事費残債
  • 回線撤去費用

といった解約時に発生する費用を一覧にまとめてみました。

内訳 一戸建て(3年プラン) 一戸建て(2年プラン) マンション(2年プラン)
解約時期 1年3カ月 2年5カ月 1年3カ月 2年5カ月 1年3カ月 2年5カ月
解約違約金 15,000円 15,000円 9,500円 9,500円 7,000円 7,000円
工事費残債額 28,125円 19,375円 28,125円 19,375円 11,250円 0円
回線撤去費用 28,800円 28,800円 28,800円 28,800円
合計額 71,925円 63,175円 66,425円 57,675円 18,250円 7,000円

戸建てとマンションでは、解約した時に支払う額が5万円ほど違うことが分かります。

auひかりを引っ越しで解約するとき、特に戸建ての場合は「解約違約金 + 工事費残債 + 回線撤去費用」といった費用を一括で支払う必要があることは、あらかじめ認識しておくと良いでしょう。

auひかりの引っ越しで違約金を0円にする方法3つ

auひかりは他社回線と比較して、比較的に違約金が高いと言われています。

しかしできるだけ、解約違約金を支払わずに済ませたいですよね。

そこで、解約違約金を0円にするとっておきの方法を3つ紹介します。

更新月に合わせて解約する

auひかりの解約違約金を0円にする方法1つ目は、更新月に解約すること。

当たり前ですが、侮れません。

というのも引っ越しによるauひかり解約時には、先に紹介した

  • 解約違約金
  • 工事費残債

などのほかに「回線撤去費用」がかかることもあり、かなり高額な出費を余儀なくされます。

しかし更新月で解約すれば、違約金と工事費を全て相殺することができるため、支払う費用は純粋に回線撤去費用のみにできるんですね。

さらにauひかりをマンションで2年定期契約していれば、2年以降は契約の縛りがなくなるため、解約時に発生するすべての費用を0にすることが可能です。

auひかりを継続利用する

引っ越し時にauひかりの解約違約金を0円にする方法として、引っ越し先でauひかりを継続利用する方法があります。

基本的に引っ越し前に契約していたプロバイダも同じであれば、auひかりの移転手続きを行うことで

  • 解約違約金
  • 初期工事費用

といった費用をかけずに済みます。

注意点として

auひかりは継続してもプロバイダだけを変える

といった条件では一般の解約と同じ扱いとなってしまうため、違約金・工事費用の残債・回線撤去費用が発生します。

引っ越し先ではauひかり回線が利用できない場合もあるので、あらかじめauひかりのエリア確認で継続利用できるか確認しておくことをおすすめします。

auひかりの提供エリアを確認する

【裏ワザ】他社光回線へ新規契約しキャッシュバックで相殺

他社の光回線を解約して新規契約することで、キャッシュバックのキャンペーンを利用して解約違約金を相殺することが可能です。

auスマートバリューが適用される各光回線サービスを、エリアごとに一覧にしてみました。

スマートバリューがある光回線

auでスマートバリューを利用しているなら、スマートバリューが利用できる回線を選ぶとよいでしょう。

エリア 光回線
全国エリア ビッグローブ光、So-net光プラス、@nifuty光、光J
東海エリア コミュファ光
関西エリア eo光
中国エリア メガ・エッグ光
四国エリア ピカラ光
九州エリア BBIQ光

自身が契約しているスマホや携帯キャリアと同じ会社を選ぶことで、さらに割引が受けられます。

おすすめとなる光回線の1つは、So-net光です。

  • 【プロバイダ公式】高額キャッシュバック60,000円
  • auスマートバリュー/UQモバイル 自宅セット割に対応
  • 総合セキュリティソフトS-SAFEが無料
  • 開通工事費が実質無料
  • 全国エリアに対応している

光コラボなので、専用回線や装置を持ち非常に高速な「NURO光」と「auひかり」には速度は一歩劣ってしまうものの、キャッシュバックが非常に魅力的です。

NURO光へ乗り換え

乗り換えキャンペーンがある他社の光回線を利用することで、引っ越しによるauひかりの違約金等を相殺することができます。

特におすすめはNURO光です。

以下Webページからの申し込みで、45,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

auひかりでは回線撤去費用が31,680円(税込)必ず発生しますが、45,000円キャッシュバックであれば全額相殺することができます。

さらに今なら、

  • オプション加入の必要がない
  • 基本工事費40,000円が無料になる

といった条件でOKな点も見逃せません。

またもう1つ見逃せない点が、月額料金が5,000円代前半であることです。

NURO光 戸建タイプ 3年契約時の料金

項目 開通月 2ヵ月 3~37ヵ月目
月額基本料金 5,200円 5,200円 5,200円
基本工事費割賦 1,230円 1,222円
特典割引額 -1,230円 -1,222円
支払い額 5,200円(最大) 5,200円 5,200円

※料金は全て税込表示となります

他光回線サービスでは基本的に月額料金は5,000円を超えることも多く、最大通信速度10Gbpsを誇ることも含めると、NURO光はauひかりから乗り換えてもまったく遜色のない光回線サービスと言えるでしょう。

記事のまとめ

auひかりの途中解約にかかる費用は、

  • auひかりの解約違約金
  • プロバイダの解約違約金
  • 初期工事費用の残債額
  • 一戸建ては回線撤去費用

といった主に4つです。

しかし次の方法を利用することで、解約違約金を0円にすることが可能です。

  • 更新月に解約する
  • auひかりをそのまま継続する
  • 他社光回線サービスの乗り換えキャンペーンを利用する

違約金がタダになる方法を知っておけば、解約するときに発生する違約金などを気にせず安心して引っ越し先で好きな光回線サービスを利用することができますね。

ぜひいろいろな違約金の相殺方法を利用して、快適なインターネットを楽しんでください。

【プロバイダ公式】ネットのみの申し込みで高額キャッシュバック

光回線への加入を検討している人は、特典が開催されているうちにぜひどうぞ。

【auひかり】NURO光に準じて高速 auユーザー以外も◎

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は自宅でトータル6年ほど使用しました。

何回もスピードテストをしていますが、NURO光と争う通信速度という印象です。

プロバイダーはキャッシュバック金額が充実している、月額料金の割引があるといった理由で、好きなものを選んでいいでしょう。

管理人は「So-net」を選びました。

    • 【戸建】3年間工事費込み
      月額利用料金5,940円〜6,160円
    • 【マンション】2年間工事費込み
      月額利用料金4,180円
    • 他社ネット回線の解約金を最大30,000円まで負担
    • auひかり 電話サービス(550円/月)が一定期間無料
      ※2年契約時23ヵ月間、3年契約時35ヵ月間
    • 【auスマートバリュー】
      毎月最大1,100円スマホ・ケータイ割引、無線LAN永年無料

    ※料金は全て税込表示となります

【NURO光】対応エリアに居住ならオススメ
【NURO光】とにかく速度重視の人向け!料金も比較的安い

管理人「とみっち」はNURO光を3回導入し、合計5年半使用しています。

1Gbpsが主流の他社光回線よりも、複数端末での利用時に回線速度が遅くなりにくいです。

通信も安定しているので、家族と同居していて自宅でテレワークしている場合やオンラインゲーム利用などに特におすすめします。

\戸建てタイプ/
NURO光
\マンションタイプ/
NURO光 for マンション
  • 【キャッシュバック】
    戸建て: 45,000円
    マンション: 25,000円
    ※ネットのみの申し込みでOK、2021年6月時点
  • 工事費44,000円が実質無料
    ※30回の工事費分割額相当を毎月割引
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • セキュリティソフトが永年無料
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,100円割引 最大10端末まで
  • Amazon Fire TV Stickプレゼント
    ※ひかりTV2ねん割申し込み時
  • 【セット割引】NUROガスとセットで月額200円割引、NUROでんきとセットで月額501円割引
  • 2020年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位 → 詳しく見る
    ※価格.com

※表示料金は全て税込です

ドコモユーザーなら「ドコモ光 × GMOとくとくBB」
【ドコモ光】ドコモユーザーのための光回線!

「ドコモ光」はフレッツ光の回線を利用している光コラボとなります。対応エリアはフレッツ光と同様で、日本全国のカバー率が90%以上とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は2年間使用しています。

プロバイダーは高速通信規格「v6プラス」に対応し、高性能なWi-Fiルーターを無料レンタルできる「GMOとくとくBB」がおすすめです。

通信速度ではNURO光やauひかりの2大巨塔には一歩劣るものの、十分な通信速度が見込めます。

GMOとくとくBB-ドコモ光-
  • 【ドコモ光セット割】
    携帯利用料が端末ごとに毎月最大1,100円割引
  • 工事費無料特典実施中
  • 他社回線の解約金負担最大20,000円
    もしくはキャッシュバック5,500円〜
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル