楽天モバイル(UN-LIMIT)で審査に落ちた人に共通する5つの特徴

楽天モバイル

この記事のポイント

  • 楽天モバイルは審査基準が緩く時間もかからないが、審査落ちする人がいるのも事実
  • 楽天モバイルの審査に落ちる原因は、携帯ブラックである、本人確認書類に不備があるといった共通点あり

「楽天モバイルに申込みたいけど、審査落ちしたらどうしよう・・」

楽天モバイル(UN-LIMIT)の申込みは審査があります。そこで気になるのが、審査落ちのパターン。

せっかく申し込んでも、契約できなかったら何の意味もありませんよね。

そこで、今回はできる限りの情報を集めて楽天モバイルで審査落ちするパターンを徹底分析。審査に通らなかった方の共通点を洗い出しています。

事前に審査基準を知っておくことで、審査に落ちるリスクを最小限に留められますよ。ぜひ、ご参考に。

1.楽天モバイル(UN-LIMIT)の審査内容とは?

[say name=”” img=”https://l-kyojin01.jp/wp-content/uploads/2020/04/fukidashib.jpg” from=”right”]楽天モバイルの審査ってどんな感じですか?[/say]

[say name=”” img=”https://l-kyojin01.jp/wp-content/uploads/2020/04/fukidashi2_b.jpg”]審査自体は緩いから安心して。結果もすぐに出るわよ。[/say]

まずは、楽天モバイルの審査について概要を理解していきましょう。

審査難易度は低い

審査があると言われると身構えてしまいますが、楽天モバイルで実際に審査落ちする人はごく少数です。ほとんど気にしなくていいレベルと言えます。

同じ楽天グループの楽天カードもめったに審査落ちすることが無いクレジットカード。

ユーザー数をとにかく増やしたい楽天は、よほどのことがない限りサービス入会を断られることはありません。

[memo title=”MEMO”]収入審査はないので、無職(専業主婦、学生)でも申し込める[/memo]

ただし、一部の人が審査落ちしているのも事実

一方で、少数ながら審査落ちする人がいるのも事実です。楽天モバイルにとって一番怖いのが利用料金の未納。

そのため、未納・滞納リスクが高い人を対象に審査が厳しくなっていきます。とは言え、カードローンなどの金融機関と違い、収入や家族状況の審査はありません。

チェックされるのは、本当に契約者本人の申し込みか?過去の滞納状況は酷くないか?が主です。

口座振替はやや不利

どちらかと言えば不利のレベルですが、クレジットカード払いに比べて口座振替は審査落ちの可能性が高まります。

その理由は、楽天モバイルにとって料金の徴収リスクがあるからです。

クレジットカード払いの場合は、未納でもクレジットカード会社が楽天モバイルに支払いを代行してくれます。未納リスクはありません。

対して口座振替払いは、利用者が料金を滞納すると楽天モバイルにお金が入りません。クレジットカード払いと違って、第3者の決済代行もなし。

そのため、未納料金の回収も自社で行う必要があり余計なコストが膨らみます。

[kanren id=”8189″]

未納リスクから口座振替は端末代金の分割払いができない

楽天モバイルをはじめ多くの格安SIMで嫌っている口座振替。クレジットカード払いと比べて料金未納リスクが高まるため致し方ありません。

楽天モバイルでは、口座振替の料金未納リスクを考慮して端末代金の分割払いを認めていません。

SIMカードとセットで購入できる端末(SIMフリースマホ)ですが、支払い方法で口座振替を選んだ方は代金引換で一括払いする必要があります。

楽天モバイルにとって、高価な端末代金の滞納は絶対に避けたいゆえの措置でしょう。

審査基準から少し話がそれましたが、楽天モバイルがいかに口座振替を警戒しているかはよく分かって頂けたと思います。

審査は数時間で終わる

気になる審査の時間・日数ですが、基本は当日内に終了します。公表していないので具体的な時間は分かりませんが、数時間で機械的に処理をしていると予想できます。

そう言い切れる理由は、申し込み翌日にはSIMカードの発送準備が始まっているからです。以上の経験から、審査に要する時間は数時間程度であると断定できます。

審査状況の確認ページはない

審査状況の確認ページは用意されていません。

審査結果の発表もなし。SIMカード発送の連絡にて審査通過が分かる仕組みです。

未成年(18歳未満)は店舗申込みなので、その場で審査

18歳未満の未成年は、楽天モバイルでオンライン申し込みができません。保護者同伴のもと店舗申込みの必要があります。

店舗申込みの場合は、その場で審査が完了します。

審査に落ちるとメールか電話で連絡あり

審査に落ちた方は、メールまたは電話で連絡が来ます。本人確認書類の不備などケアレスミスが原因の場合は、改善手段を教えてくれます。

その場合は、再申し込みすればOK。一度審査落ちしたからといって、二度と楽天モバイルに契約できないわけではないので安心して下さい。

2.楽天モバイル(UN-LIMIT)で審査に落ちる人の特徴

[say name=”” img=”https://l-kyojin01.jp/wp-content/uploads/2020/04/fukidashib.jpg” from=”right”]審査が緩いとはいえ、審査落ちする人もいるんですよね?[/say]

[say name=”” img=”https://l-kyojin01.jp/wp-content/uploads/2020/04/fukidashi2_b.jpg”]ええ、一定数が落ちているわね。ただ原因は大体分かってるから対処できるわよ。[/say]

楽天モバイルで審査落ちする人には以下の共通点があります。

審査に落ちる人の特徴

詳しく見ていきましょう。

他社滞納がある(携帯ブラック)

他社の携帯料金を滞納している方(俗にいう携帯ブラック)は楽天モバイルの審査に落ちる可能性があります。

数回の料金滞納は問題ありませんが、強制解約になった方や端末にネットワーク利用制限をかけられた方は特に注意が必要です。

一番悪質なのが利用料金の踏み倒しで、ブラックリストに載ると5年は消えません。滞納後でも料金をさかのぼって支払えば、ブラックリスト入りを免れる可能性があります。

コメント欄でも他社滞納が理由で申し込みを断られたとの情報を頂きました。

コメントより

今回楽天UN-LIMITに申し込んだところ、「他社での未納があるため」申し込みをキャンセルさせていただきますとの事でメールでお断りされました

他社滞納が思い当たる方は先に清算しておくか、せめて支払いの意思を伝えておいた方がいいでしょう。

補足:信用情報機関(金融)のブラックリストは関係ない?

稀にクレジットカード会社から決済拒否されることがあります。携帯料金の支払いに限らず、過去のあらゆる滞納状況で判断されます。

気になる方は有料にはなりますが、

にて信用情報の開示請求を依頼できます。ちなみに、楽天モバイルでは自己破産した方や過去に金融トラブルを起こした方でも契約できているとの情報があります。

携帯料金の支払い滞納に比べると、あまり厳しくないのかもしれません。

[kjk_ab id=”11″]

本人確認書類に不備がある

本人確認書類に不備があると審査落ちします。よくあるのが、

  • アップロードした写真が不鮮明
  • 記載されている住所が古い

の2点です。アップロード写真についてですが、ピントぼけと光の反射には十分に注意して下さい。

部屋の中で撮影すると、灯りで白とびすることがよくあります。

また、住所にも注意が必要です。引っ越ししたばかりの方は特に注意。

事前に住所変更を済ませておきましょう。

自宅以外の住所を登録しないように

SIMカードを職場で受け取りたいから自宅以外の住所を登録する・・といった契約は不可能です。楽天側にとってみれば、本人確認書類と別住所だと怪しさしかありません。

必ずSIMカードの送付先と本人確認書類の住所は揃えましょう。

MNP予約番号の発行者と名義が異なる

現在の電話番号を引き継いで楽天モバイルに申し込むならMNP予約番号の取得が必要です。このとき、名義に気を付けて下さい。

例えば夫の名義でスマホを契約していた妻の場合。名義変更せずにMNP転出手続きを行うと、夫名義でMNP予約番号を発行することになります。

この状態で、楽天モバイルに妻名義で申し込めば、MNP予約番号の発行者と名義が異なるため審査落ちします。

MNP予約番号の発行者と契約者の名義は必ず揃えましょう。

なお、楽天モバイルでは、同一人物以外の名義変更ができません。名義変更するならMNP転出元の携帯会社で手続きを行って下さい。

[memo title=”MEMO”]支払い名義(クレジットカード・口座)は、18歳以上なら本人でなくてもOK[/memo]

短期間に複数回線を申し込む

楽天モバイルでは同一名義(同一ユーザID)で最大5回線まで契約できます。ただし、一度に5回線を契約してしまうと審査落ちのリスクが高まります。

通常は一気に複数回線は申し込まないので、警戒されてしまいます。これは他の携帯会社も同様です。

複数回線を契約したい場合でも、まずは1回線からスタートした方がいいでしょう。その後、できれば数カ月開けてから2回線目以降を申し込むと確実です。

どうしても最初から複数回線を申し込みたい場合は、最も信頼度の高いクレジットカード払いを選ぶのが無難です。

[kjk_ab id=”12″]

3.少しでも楽天モバイルの審査に通りやすくするコツ

[say name=”” img=”https://l-kyojin01.jp/wp-content/uploads/2020/04/fukidashi.jpg” from=”right”]どうしても楽天モバイルの審査に通りたいです・・。[/say]

[say name=”” img=”https://l-kyojin01.jp/wp-content/uploads/2020/04/fukidashi2_b.jpg”]審査に通るコツをまとめるわね。全部の項目をパスすれば落ちることはないはずよ。[/say]

最後に、楽天モバイルの審査に少しでも通りやすくするためのコツをまとめました。以下の項目をクリアしていれば審査は問題ないでしょう。

再申し込みの方も役立ててください。

審査に通るコツ

まず、支払い方法はクレジットカードを持っているなら素直にカード払いにしましょう。楽天モバイルに限らず、やはりカード払いは審査に有利です。

他社滞納の心当たりがあるなら、事前に清算しておくべき。一括返済が難しくても、支払いの意思だけは伝えておいた方がいいですよ。

滞納情報は、携帯会社間で共有されているため隠すことはできません。

その他は、やはり本人確認書類の不備には要注意。運転免許証の方は、裏面のアップロードも忘れずに。

4.まとめ

楽天モバイルの審査は厳しくありませんが、審査落ちする人がいることも事実です。審査落ちする人にはいくつかの共通点があります。

住所や名義の登録が違っていたり、一度に複数の回線に申し込んだりすると審査落ちのリスクが高まります。

また、クレジットカードに比べて口座振替の方が不利であることも覚えておきましょう。

とはいえ、実際はほぼ審査に落ちることはほぼありません。安心して楽天モバイルに申し込んで大丈夫ですよ。

タイトルとURLをコピーしました