v6プラス対応ルーターのおすすめランキング

【売り切れ御免】v6プラス対応ルーターのオススメ人気ランキング!

混雑している回線ではインターネット通信が非常に遅くなりがちですが…

渋滞IPv4イメージのgif

鷹の爪団インターネットサクサク大作戦IPv6(IPoE)

v6プラス」なら快適なインターネット通信が可能です

快適IPv6 v6イメージのgif

鷹の爪団インターネットサクサク大作戦IPv6(IPoE)

ただv6プラス通信は、対応しているルーターを使わないと通信できないんですよね。

今から購入しようと思って調べても、

といったように、v6プラス対応ルーターを探すだけでも一苦労です。

今回の記事では各ルーターのスペックも踏まえ「v6プラス対応ルーターのおすすめ人気ランキング」のTOP3を紹介していきます!

\他社回線の解約金負担最大20,000円/
GMOとくとくBB-ドコモ光-

v6プラス対応ルーターのおすすめ人気ランキング!

ルーターイメージこの記事ではWi-Fiルーター販売の大手である

NEC、BUFFALO、IO DATA、ELECOM

上記4社が提供している「v6プラス対応ルーター」について、

  1. 販売価格
  2. ルーターの発売日
  3. 無線の最大速度
  4. 最大接続台数
  5. ルーターの特徴

といった5つの条件を比較してTOP3にまとめました。

↓先に1位を見る

v6プラス対応ルーターを比較!スペック一覧

まずはランキングの根拠となるv6プラス対応ルーターの*スペックを一覧にまとめました。

*紹介するルーターはすべて「IEEE802.11ac / n / a / g / b」規格に対応しています。
メーカー ルーター名 希望
小売価格
発売日 無線
最大速度
最大
接続台数
NEC Aterm WG2600HP3 約11,500円 2018年7月 1733Mbps 18台
NEC Aterm WG1900HP2 約8,000円 2018年7月 1300Mbps 18台
NEC Aterm WG1200HP3 約7,000円 2018年6月 867Mbps 15台
NEC Aterm WG1800HP4 約8,000円 2018年10月 1300Mbps 18台
NEC Aterm WG1200HS3 約6,000円 2018年10月 867Mbps 18台
IO-DATA WN-AX2033GR2 13,100円 2018年3月 1733Mbps 16台
IO-DATA WN-AX1167GR2 8,300円 2017年11月 867Mbps 16台
ELECOM WRC-2533GST2 17,970円 2018年10月 1733Mbps 24台
ELECOM WRC-1750GSV 11,540円 2018年6月 1300Mbps 18台
ELECOM WRC-1167GST2 8,970円 2018年8月 867Mbps 16台
BUFFALO WXR-1900DHP 26,600円 2014年10月 1300Mbps 18台
BUFFALO WTR-M2133HP 27,700円 2018年1月 866Mbps 27台
BUFFALO WXR-2533DHP2 27,700円 2016年6月 1733Mbps 3台
BUFFALO WXR-1901DHP3 18,700円 2017年7月 1300Mbps 18台
BUFFALO WXR-1900DHP2 19,900円 2015年12月 1300Mbps 18台
BUFFALO WXR-2533DHP 28,800円 2015年6月 1733Mbps
BUFFALO WXR-1751DHP2 14,300円 2017年4月 1300Mbps 18台
BUFFALO WXR-1900DHP3 18,700円 2017年3月 1300Mbps 18台
BUFFALO WXR-1750DHP2 14,300円 2017年4月 1300Mbps 18台
BUFFALO WXR-1750DHP 16,500円 2015年8月 1300Mbps 18台
補足
「約◯円」はオープン価格品のためAmazon・価格.comの販売値平均です。

NECからは5種、IO-DATAは2種、ELECOMは3種、BUFFALOば実に10種類のルーターを選出してみました。

価格や通信速度、最大接続台数などのバランスを見てランキングを紹介します。

第1位 NECのAterm WG1900HP2

輝く第1位はNECのAterm WG1900HP2です。

その最大の理由は、

  • 発売時期が2018年7月と比較的新しい
  • 販売価格の平均値が10,000円を割っている
  • 5GHzで1300Mbps・2,4GHzで600Mbps通信できる
  • NEC最上位モデルと比較しても遜色のない機能の充実ぶり
  • 機器の大きさがとてもコンパクト
  • ルーター管理画面の操作がわかりやすい

この6点が挙げられます。

注意
ドコモ光×GMOとくとくBBでは、2019年9月からAterm WG1900HP2の上位機種「Aterm WG2600HS」がレンタル可能となっています。

Aterm WG2600HS

↓2位も見てみる

WG1900HP2は価格と性能のバランスがピカイチなルーター

とくに評価したいのは高性能・低価格で販売されている点です。

例えば、

  • 発売時期が2018年7月と比較的新しい
  • 無線最大速度が1300Mbpsの機種

というのは基本的に10,000円以上で販売されているんですね。

メーカー ルーター名 希望
小売価格
発売日 無線
最大速度
NEC Aterm WG1900HP2 約8,000円 2018年7月 1300Mbps
NEC Aterm WG1800HP4 約8,000円 2018年10月 1300Mbps
ELECOM WRC-1750GSV 11,540円 2018年6月 1300Mbps
BUFFALO WXR-1751DHP2 14,300円 2017年4月 1300Mbps
BUFFALO WXR-1750DHP2 14,300円 2017年4月 1300Mbps
BUFFALO WXR-1750DHP 16,500円 2015年8月 1300Mbps
BUFFALO WXR-1901DHP3 18,700円 2017年7月 1300Mbps
BUFFALO WXR-1900DHP3 18,700円 2017年3月 1300Mbps
BUFFALO WXR-1900DHP2 19,900円 2015年12月 1300Mbps
BUFFALO WXR-1900DHP 26,600円 2014年10月 1300Mbps

同メーカーの「Aterm WG1800HP4」を除き、Aterm WG1900HP2は他メーカーの製品よりもコスパに優れていることが分かります。

機能も見た目も文句なし!WG1900HP2ルーターの底力

さらに驚きなのが、NECが提供するWi-Fiルーターのほとんどの機能が使える点です。

WG1900HP2搭載機能(全25種)

Pv6対応、IPv6 High Speed、IPv6 RDNSSオプション通知、IPv6ブリッジ機、ビームフォーミング、ハイパワーシステム、オートチャンネルセレクト、アンドステアリング、見えて安心ネット、こども安心ネットタイマー、Wi-Fi設定引っ越し、らくらく無線スタート、WPS、らくらく「かざして」スタート、らくらくQRスタート2、らくらくネットスタートLife、Atermスマートリモコン、μSRアンテナ/μEBG構造、ディアルバンド中継機能、TVモード中継機能、高速中継機能、マルチSSID機能、ネットワーク分離機能、SSD内分離(セパレータ)機能、エコ機能

NECのルーター最上位機種である「WG2600HP3」と比較しても、使えない機能は4つ(ワイドレンジアンテナ、MI-MIMO、URLリダイレクト、ゲストSSID機能)しか違いがありません

また「ルーターの大きさが非常にコンパクト」なのが特徴です。

実際に僕も「WG1900HP2」を持っているのですが、光回線工事で導入されるONUよりも2cm程度ルーター本体の幅が薄く

WG1900HP2ルーターと幅の比較

ボディの材質も少し光沢があってとてもキレイなんですよね。

WG1900HP2ルーターのボディ光沢

他のルーターの口コミを見ていると「画像で見るよりも安いプラスチック感が残念…」と見かけることもありますが、WG1900HP2は重厚感があってスマートなWi-Fiルーターと言えるでしょう。

NECルーターの管理画面が見やすい

ルーターの設定を行う際に、意外と厄介なのが管理画面の操作ですよね。

しかしAtermシリーズのルーター設定画面は明快でわかりやすく、かなり直感的に操作できます。

Atermシリーズのルーター設定画面

そのため、

  • ネットワーク名や暗号化キーの確認
  • 現在のネットワーク接続状況

といった設定など説明書を見なくてもかんたんに確認できるんですね。

管理画面が使いやすいのはかなりメリットと言えるでしょう。

NEC製Atermルーターの管理画面の入り方

WG1900HP2でPCとWi-Fi通信を行った状態で、

ルーターとPCがWi-Fi接続されるイメージ

検索画面に「192.168.0.1」もしくは「192.168.10.1」と入力して検索すると、

検索窓に192.168.10.1と入力

管理画面に入ることができます。

Atermシリーズのルーター設定管理画面

※ ログインにはユーザー名とパスワードが必要です

WG1900HP2の特徴まとめ

WG1900HP2についてまとめると、

  • 最大接続台数は18台
  • 5GHzでは1300Mbps通信できる
  • 搭載機能はv6プラス対応含め25種類
  • 機器がコンパクト
  • ルータの管理画面がわかりやすい

ここまでできて10,000円を割る価格です。

またドコモ光回線を使った映像配信サービス「ひかりTV for docomo」を利用する際にも、通信状況は快適という口コミもありました。

正直同じスペックで、かつ同じ価格帯のWi-Fiルーターは他メーカーで見つけるのは困難と言って良いでしょう。

注意
ドコモ光×GMOとくとくBBでは、2019年9月からAterm WG1900HP2の上位機種「Aterm WG2600HS」がレンタル可能となっています。

Aterm WG2600HS

第2位 NECのAterm WG2600HP3

堂々の第2位はNECのAterm WG2600HP3です。

その理由は、

  • NECのv6プラス対応ルーターの中で最上位機種
  • 5GHzで1733Mbps、2,4GHzで800Mbpsと超高速通信
  • ワイドレンジアンテナにより安定した高速通信
  • ファームアップデートによりネットゲームも安定通信できる
  • ルーター管理画面の操作がわかりやすい

この5点があげられます。

↓3位も見てみる

性能が折り紙つき!Aterm WG2600HP3

WG2600HP3ルーターの特徴は、「ワイドレンジアンテナ」を搭載していること。

NECでも他ルーターにはなくWG2600HP3だけに搭載された360°方向に電波が届く新技術のことです。

ワイドレンジアンテナイメージ

【出典】NEC-Aterm WG2600HP3 特長

通常スマホやタブレットなど端末の向きによって、インターネットの通信速度は上下します。

しかしワイドレンジアンテナなら、端末の置き方や向きに関わらず安定したインターネット通信が可能です。

ワイドレンジアンテナを使ったイメージ

【出典】NEC-Aterm WG2600HP3 特長

例えば、

  • スマホを寝かせた状態で快適にインターネットをしたい
  • 料理するときにタブレットを壁に立てかけて動画をみたい

といったシチュエーションでも、通信が途切れず安定して使えるようになるわけです。

またNECの最上位機種だけあり4ストリームのアンテナ内蔵により、WG1900HP2と比較しても約1.3倍の高速通信が可能となっています。

ほかにも

  • 端末に向けて集中的に電波を送信するビームフォーミング機能
  • 従来よりも電波が遠くへ届くハイパワーシステム搭載

など快適なインターネット通信環境を約束する機能が充実。

壁に立てかけたり地面に寝そべって使ったり…さまざまな体勢でスマホやタブレットを高速通信で楽しむならWG2600HP3をおすすめします。

※ ルーターの電波特性については以下記事が詳しいです↓

ちょっと高額なのがデメリット

Aterm WG2600HP3は高機能なのですが、

  • Amazonと価格.comの平均値が13,000円と割高

という点から第2位という評価になりました。

機能やスペックは文句なしなんですけどね、少し割高なのは否めません。

しかし「ハイパワーシステム」や「ビームフォーミング」機能を搭載しており中距離でも強い機種であるため、3階建ての建物や屋根裏部屋でも快適な通信環境を作るなら、おすすめのルーターであることは間違いないでしょう。

WG2600HP3の特徴まとめ

ルーターWG2600HP3について特徴をまとめました。

  • NECのv6プラス対応ルーターの中で最上位機種
  • 最大通信速度1733Mbpsと超高速
  • ワイドレンジアンテナで端末の向き関係なく快適通信
  • 13,000円とちょっと割高

機能としては超高性能ですが確実に10,000円以上の値段がかかる点をふまえ、導入までのハードルの高さからv6プラスルーターのおすすめ度は第2位という結果でした。

第3位 BUFFALOのWXR-1750DHP2

注目!
ドコモ光 × GMOとくとくBBでは、2019年9月からWXR-1750DHP2の上位機種「WSR-2533DHP2」のレンタルを開始しました!
WSR-2533DHP2参考リンク:ドコモ光 × GMOとくとくBB公式サイト

v6プラス対応のWi-Fiルーター第3位はBUFFALOの「WXR-1750DHP2」です。

このルーターが3位になった理由としては、

  • ネットワークHDD機能(NAS)が使える
  • 大型可動式アンテナを3本搭載している
  • 最大通信速度は1300Mbps

という3点です。

目次へ戻る↑

外出先からでも自宅保存した画像が見れる!WXR-1750DHP2

WXR-1750DHP2の最大の特徴は、NAS機能が使えることでしょう。

NAS機能とはネットワークアタッチストレージの略で、WXR-1750DHP2ルーターに外付けのHDD(ハードディスク)を接続することで、ネット回線を通じてハードディスクの内容を確認できる機能のことです。

NAS接続イメージ

【出典】BUFFALO -WXR-1750DHP2特徴

例えばスマホやタブレット、PCなどを使って外から自宅のHDDの内容を確認することができるわけですね。

NAS機能は先に紹介したNECルーターにはなく、BUFFALOのWXR-1750DHP2ルーター最大のポイントと言えるでしょう。

環境で変幻自在!大型可動アンテナ搭載で快適通信

WXR-1750DHP2は大型可動タイプのアンテナを搭載しています。

wxr1750dhp002

このアンテナの向きををスマホやタブレット・PCに合わせることで、最大限の電波が端末に向けて供給され、より高速なインターネット通信環境をつくることができるんですね。

WXR-1750DHP2の最大通信速度が1300Mbpsなので、アンテナ可動により簡単に速度upが見込める点はBUFFALOルーターのメリットと言えます。

デメリットは割高で少し古いこと

NECルーター「WG1900HP2」と最大通信速度1300Mbpsが同様である点を踏まえ、WXR-1750DHP2のデメリットは

  • 発売してから1年以上経過していること
  • WG1900HP2より割高であること
  • 電波が途切れるレビューがある

以上の3点があげられます。

やはり発売してから1年以上経過している機種なので少し古く、2018年7月に発売されたWG1900HP2と比較すると割高な印象があります。

また価格.comでは「電波が途切れる」といったレビューもあり、機種の当たり外れがあることが見受けられました。

WXR-1750DHP2の特徴まとめ

ここまでのWXR-1750DHP2の特徴をまとめると、

  • ネットワークHDD機能(NAS)が使える
  • 大型可動式アンテナを3本搭載している
  • 最大通信速度は1300Mbps
  • 少し古い機種だけど割高
  • 電波が途切れるレビューがある

といった内容となりました。

NECルーターよりもメリットとしては、

  • アンテナ可動+ビームフォーミング機能には定評があること
  • 壁や障子2枚程度であれば60~80Mbpsという速度がでる

というレビューが見受けられたことでしょう。

個人的にはWXR-1750DHP2を検討するのであれば、やはりWG1900HP2WSR-2533DHP2をおすすめします。

ドコモ光なら高性能ルーターを無料レンタルできる

ドコモ光のプロバイダを「GMOとくとくBB」とすることで、以下3種類のルーターを無料レンタルすることが可能です。

プロバイダ ルーター型番 外観 価格 5GHz
最大速度
2.4GHz
最大速度
GMO
とくとくBB
WSR-2533DHP2
(BUFFALO)
WSR-2533DHP2 13,100円 1,733Mbps 800Mbps
Aterm WG2600HS New!
(NEC)
Aterm WG2600HS ※12,000円 1,733Mbps 800Mbps
WRC-2533GST2
(ELECOM製)
17,970円 1,733Mbps 800Mbps

全てのルーターで最大通信速度1,733Mbps以上を誇っており、少しでも初期費用を下げたい人にはとても嬉しい特典と言えますね。

※ドコモ光のデメリットについては以下記事が詳しいです↓

まとめ

今回この記事を書くのに一番こだわったのは、Wi-Fiルーターがv6プラス通信に対応しているかどうか。

v6プラスは最大1Gbps(1,000Mbps)の通信速度を理論値としており、最大通信速度が1Gbps以下のルーターはとても恐縮なのですが、ランク外とさせていただきました。

  • 第1位はNECのAterm WG2600HP3
  • 第2位はNECのWXR-1750DHP2
  • 第3位はBUFFALOのWXR-1750DHP2

ぜひ当記事を活用して、快適なv6プラスのインターネット環境を構築してください!

申し込みはキャッシュバックを利用
【ドコモ光】ドコモユーザーのための光回線!

「ドコモ光」はフレッツ光の回線を利用している光コラボとなります。対応エリアはフレッツ光と同様で、日本全国のカバー率が90%以上とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は2年間使用しています。

プロバイダーは高速通信規格「v6プラス」に対応し、高性能なWi-Fiルーターを無料レンタルできる「GMOとくとくBB」がおすすめです。

通信速度ではNURO光やauひかりの2大巨塔には一歩劣るものの、十分な通信速度が見込めます。

GMOとくとくBB-ドコモ光-
  • 【ドコモ光セット割】
    携帯利用料が端末ごとに毎月最大1,100円割引
  • 工事費無料特典実施中
  • 他社回線の解約金負担最大20,000円
    もしくはキャッシュバック5,500円〜
  • 【他プロバイダよりも高速】
    v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル
【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

ドコモ光回線への加入を検討中の人、加入済みの人にぜひオススメしたいゴールドカードです。

ドコモショップでドコモ光に加入する人の4人に1人が合わせて加入していると言われています。

【dカード GOLD】ドコモユーザーなら合わせて申し込みたい

Web申し込み限定特典があります!

  • 最大13,000円分ポイントプレゼント
  • ドコモ携帯、ドコモ光の10%がdポイントとして還元
    年会費分の元を取ることも十分可能
  • 3年間のケータイ補償が付帯
  • 旅行やショッピングの保険が付帯
  • 国内の空港ラウンジを無料利用可能
  • 年間100万円以上利用すれば
    10,800円分の割引特典を利用可能

※表示料金は全て税込です

【北海道、関東、関西、東海、中国、九州】NURO光対応エリアなら!

So-netが運営する「NURO光」は、下り2Gbps/上り1Gbpsと国内最速の速度を誇ります。

ONU兼ルーターのレンタルが無料など、コストパフォーマンスに優れています。

ドコモスマホとのセット割こそありませんが、速度を最重要視する人にオススメです。

【NURO光】とにかく速度重視の人向け!料金も比較的安い

管理人「とみっち」はNURO光を3回導入し、合計5年半使用しています。

1Gbpsが主流の他社光回線よりも、複数端末での利用時に回線速度が遅くなりにくいです。

通信も安定しているので、家族と同居していて自宅でテレワークしている場合やオンラインゲーム利用などに特におすすめします。

\戸建てタイプ/
NURO光
\マンションタイプ/
NURO光 for マンション
  • 【キャッシュバック】
    戸建て: 45,000円
    マンション: 25,000円
    ※ネットのみの申し込みでOK、2021年6月時点
  • 工事費44,000円が実質無料
    ※30回の工事費分割額相当を毎月割引
  • 開通までモバイルWi-Fiレンタル可能
    ※特別価格、無制限プランあり
  • セキュリティソフトが永年無料
  • SoftBankのおうち割対象
    ※毎月最大1,100円割引 最大10端末まで
  • Amazon Fire TV Stickプレゼント
    ※ひかりTV2ねん割申し込み時
  • 【セット割引】NUROガスとセットで月額200円割引、NUROでんきとセットで月額501円割引
  • 2020年 ネット回線満足度ランキング 関東光回線 第1位 → 詳しく見る
    ※価格.com

※表示料金は全て税込です

【auひかり】NURO光に準じて高速 auユーザー以外も◎

「auひかり」であれば日本全国のカバー率は約70%とかなり広くなっています。

管理人「とみっち」は自宅でトータル6年ほど使用しました。

何回もスピードテストをしていますが、NURO光と争う通信速度という印象です。

プロバイダーはキャッシュバック金額が充実している、月額料金の割引があるといった理由で、好きなものを選んでいいでしょう。

管理人は「So-net」を選びました。

    • 【戸建】3年間工事費込み
      月額利用料金5,940円〜6,160円
    • 【マンション】2年間工事費込み
      月額利用料金4,180円
    • 他社ネット回線の解約金を最大30,000円まで負担
    • auひかり 電話サービス(550円/月)が一定期間無料
      ※2年契約時23ヵ月間、3年契約時35ヵ月間
    • 【auスマートバリュー】
      毎月最大1,100円スマホ・ケータイ割引、無線LAN永年無料

    ※料金は全て税込表示となります